ノースリーブのドレス
Category:

スリーブについて

首まわりのデザインひとつでガラリと変わるのがわかった方も多いと思います。 そんなネックラインと同じくらい重要なのがスリーブです。 スリーブは体のシルエットをどのように見せたいかが問われるパーツ。 腕が気になる人は腕が細く見えるようなスリーブを探すのはもちろん、ゴージャスなデザインで覆ってしまう手もあります。 体のどの部位を意識するかにもよって違ってきますが、実際にどんなスリーブがあるのか見ていきましょう。 ①パフスリーブ ワンポイントみたく両肩にフワリとした生地をあてがったタイプのスリーブ。 ふわふわとした感触が強いので、可愛さ重視で選びたいときにピッタリです。 ②ノースリーブ 肩から腕にかけて布を一切つかわず、そのまま素肌を見せるスタイル。 ウェディングドレスといえばこのタイプのものを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか? 二の腕を隠さないため、腕が全体的に痩せて見える効果も期待できます。 ③アメリカンスリーブ 肩のラインが開放的なスリーブ。他のドレスと違い、デコルテ周辺がおおわれているのが特徴です。 ノースリーブと同じように二の腕から先は肌が見えているものの、首もとが布で隠れているのが決定的な違い。 ハの字に切り開かれた首~肩のラインは積極的な印象を与え、まさにアメリカンと言えるでしょう。 ④パゴダスリーブ 腕の中頃から先へだんだんと広がっていくタイプのスリーブ。 腕先に花が咲いたかのような印象を与えるパゴダスリーブは、華やかな雰囲気や上品さを醸し出してくれます。 ⑤ロングスリーブ 腕全体を覆ってしまうスタイル。 肌や腕をあまり見せたくない方にぴったりです。

Posted On :

ドレスにあう靴選び

靴選びも重要で、これを誤ってしまうとマナー違反として多くの参列者の方に悪い印象となり、結果的に大切な式の場を壊しかねません。まず、多くの人が選ぶ靴がつま先の見えないパンプスです。結婚式においては、足の指を見せることは避けた方がよいので、マナーとしても正しいと言えるでしょう。また、パンプスに少しビーズなどの飾りや、ストーンなどがワンポイントとしてついていると、足下からも華やかさを演出することができます。また、ヒールについては、高い方が望ましいとされていますが、3cm以上のヒールであれば問題ないようです。一方、つま先がでるオープントゥ、ミュール、サンダル、ブーツはカジュアルすぎるので結婚式ではそぐわない靴になります。夏、冬の季節感を出したいという気持ちはあっても、そこはしっかりマナーを守るようにしてきましょう。

Posted On :
結婚式のドレス
Category:

結婚式のドレス

多くのドレスコードやマナーが存在する結婚式。ご祝儀やテーブルマナーなど、ドレスコード以外にもルールやマナーがたくさんあります。結婚式での服装に悩んだことのある方は、きっと大勢いることでしょう。 まだ経験のない方でも、今後の人生で一度は、参加する可能性が高いはずです。結婚式も、種類やフォーマルさは様々です。 和装婚と洋装婚、海外やテーマパーク、船上、電車内など、オリジナリティー溢れる結婚式に参加する日も来るかもしれません……。とは言え、新郎新婦をお祝いする場であることは共通です。 ここでは結婚式での、代表的なマナーについてご紹介します。結婚式・結婚披露宴の主役は、言うまでもなく新郎新婦です。お祝いの気持ちを込め、あくまで二人が引き立つようなドレスを選びましょう。 いくら華やかな結婚式でも、派手過ぎる素材やカラー、デザインは厳禁です。ドレスコードとマナーを正しく理解し、主役よりも目立ってしまわないよう、細心の注意が必要になるのです。 結婚式ももちろん、開催時間によってマナーが変わります。昼間の場合は控えめで上品さが重視されますが、夜間の場合はきらめくアイテムなどで華やかにします。 また、結婚式の日取りは、新郎新婦の思い入れのある日なのでしょう。季節感の出る素材やカラー選びも重要です。 そして、スピーチや挨拶、受付、余興などの役割がある場合も気をつけましょう。より多くの方から注目を浴びますし、参加者の代表として、新郎新婦が恥ずかしくないようにします。 友人や会社の同僚など、知人が一緒に参列する場合は、同じテーブルに案内される可能性が高いです。事前にドレスについて、相談しておくのも良いかもしれません。

Posted On :