ドレスに合うジュエリーのご紹介

ウェディングドレスによく合う指輪にCapuano (カプアーノ)があります。 カプアーノは、ダイヤモンドの美を追求する歴史ある名門ジュ工ラーです。1882年に創業以来、“愛”をテーマにコージャスななかにも繊細さとエレガンスを追求したデザインを生み出すのが「カプアーノ」です。その卓越した技術と優れた品質はまたたくまに話題を呼び、ヨーロッパの主侯貴族や世界のVIPを中心に顧客を集めるようになりました。1969年にはヴァチカンで使用される聖杯やロザリオ、祭壇などの製作や修復をまかされるまでになりました。熟練の職人たちの手による優れたクラフトマンシップと芸術性は、ウェディングの分野でもいかんなく発揮されています。最高評価のダイヤだけを厳選して多くの花嫁を魅了し続けています。

Posted On :
ダイヤモンドリング
Category:

ドレスとカラーダイヤモンド

ウェディングドレスは結婚式の1日だけですが、カラーダイヤモンドの結婚指輪の魅力は、日常生活で身につけていてもあまり違和感がないところです。結婚後も気軽につけられることから、宝石用原石リングを選択する人も多いです。カラーストーンの中でも、最近注目を浴びているのが「準宝石」です。その理由は、予算に合わせてセンターストーン品質の大きな石を選択するところにあります。レンタルドレスの予算と合わせて考えられます。 この準宝石は宝石とどのような違いがあるでしょう?事実宝石と半貴石を区別するためにあり、明確な基準というものが存在しません。しかし、一般的に、生産量がますます希少価値が高いものの宝石となっています。宝石は、ダイヤモンドとルビー、サファイアなどがあります。一方、産出量が多く装飾的な要素が高いと準宝石になるようです。半貴石はアクアマリンとトパーズなどが含まれます。 また、モース硬度によって分類する考えもあります。この場合には、モース硬度が7以上の宝石としています。 モース硬度と屈折率、比重などの要素は、ダイヤモンドだけでなく、宝石全般を分類するときに便利です。特に屈折率と比重に関しては、宝石ごとに差があるので、宝石の鑑別において非常に重要です。赤ルビースピネルを例に挙げてみよう。二石の外形はそのままであるが、屈折率の割合が異なるため、他の石と認識することができます。 このように原石の硬さや色などの特徴を知ってたうえで、自分の好みに適してさらに長く愛用できることを見つけてください。

Posted On :

試着のあれこれ

レンタルドレスショップでのウエディングドレスの試着にはだいたい1件で2-3時間程度かかります。ドレスの脱ぎ着や細部の確認など試着には意外と体力を使うもの。複数の店舗を一日で回ろうと思っても最大で3件程度にしておくと良いでしょう。スケジュールを詰め込みすぎてたくさんドレスショップを巡っても試着に疲れてしまい最高のドレスを選ぶことができなくなってしまいます。疲れてしまって投げやりにドレスを決めないためにも余裕を持ってドレスショップ巡りをするようが良いでしょう。 試着をしてその一着目でドレスが決まる花嫁も居ます。しかし、普通は何度か足を運んだり、たくさん試着をして自分に一番適したドレスを決めるものです。一度の訪問ですべてを決めなくてはならないということはありません。人生一度切りのウエディングですから悩んでじっくりと決めたほうが良いかと思います。最初の下見ではドレスを決めるために訪れるのではなくて、どのドレスショップでレンタルするかを決めるというイメージで訪れるほうが気分も楽でよいかと思います。 また、一般的にレンタルドレスの料金が発生するのは結婚式で着るウエディングドレスが決まったあとになります。最初の試着などで料金が発生することは少ないので心配する必要はないでしょう。ドレスショップによってはウエディングドレスの「仮予約」や「仮押さえ」のときに手数料や申込金などの内金が必要なところもあります。金額はあまり高くない場合がほとんどですが、ショップによって金額が異なりますので訪れてから確認したほうが良いでしょう。ただし、その場での支払いになることはあまり多くありません。後日での振込や、クレジットカード決済などその場で現金金を必要とするショップは少ないですからあまり心配はありません。ちなみに多くのショップで内金はドレス代に充当されることがほとんどですから、内金が高額の場合にはしっかりと確認しておきましょう。 また、印鑑なども初回の試着時には持っていく必要はないかと思います。ご不安な場合にはショップに確認するのが一番ですが、契約が制約した際に必要な印鑑も試着時ではなく後日でも大丈夫な場合がほとんどです。むしろ試着当日は身軽に、冷静な判断力と樹分な体力を持って望むと良いでしょう。

Posted On :
白のドレス
Category:

結婚式に着ていってはいけないもの

 レンタルドレスを選んで結婚式に出席する時に最も気をつけるべきなのは「着ていってはいけないもの」です。大人の色気だとかを言う前にまずは常識のある装いで出席しましょう。各レンタルドレスショップでは様々なドレスが用意されています。一見すると良いことですが、その中には結婚式ではタブーとなってしまうドレスが含まれていることも。自分の好みを出す前に、タブーをしっかりと把握しておくのが良いでしょう。  まず大大大前提として「白のドレスは着ていってはいけない」ということがあげられます。白つまりウエディングドレスは結婚式の主役である花嫁のもの。どんなに素敵なデザイのドレスでもホワイト系統のドレスは必ず避けましょう。  露出の激しいドレスは自信のある様を演出できますが結婚式の場にはふさわしくありません。丈が短いドレスは避けたほうが良いでしょう。具体的にどれくらいかということはなかなか難しいですが、全体を見た時に足が出すぎていないほうが上品に見えます。ただし、例外として肩出しドレスは夜の披露宴であれば大丈夫でしょう。ボレロやショールなどを羽織ることでマナー違反だとはあまり思われません。しかし、マナー違反でないかどうか自身のない場合には避けたほうが無難でしょう。  また、ファーやウールなどを使った動物系の素材は折衝を連想させるので、華やかな結婚式の場ではあまりふさわしくないとされています。最近ではあまり気にされなくなっている事柄ですが、気にする人も少なくないということを心の何処かに留め置くと良いのでないでしょうか。

Posted On :