白のドレス

 レンタルドレスを選んで結婚式に出席する時に最も気をつけるべきなのは「着ていってはいけないもの」です。大人の色気だとかを言う前にまずは常識のある装いで出席しましょう。各レンタルドレスショップでは様々なドレスが用意されています。一見すると良いことですが、その中には結婚式ではタブーとなってしまうドレスが含まれていることも。自分の好みを出す前に、タブーをしっかりと把握しておくのが良いでしょう。

 まず大大大前提として「白のドレスは着ていってはいけない」ということがあげられます。白つまりウエディングドレスは結婚式の主役である花嫁のもの。どんなに素敵なデザイのドレスでもホワイト系統のドレスは必ず避けましょう。

 露出の激しいドレスは自信のある様を演出できますが結婚式の場にはふさわしくありません。丈が短いドレスは避けたほうが良いでしょう。具体的にどれくらいかということはなかなか難しいですが、全体を見た時に足が出すぎていないほうが上品に見えます。ただし、例外として肩出しドレスは夜の披露宴であれば大丈夫でしょう。ボレロやショールなどを羽織ることでマナー違反だとはあまり思われません。しかし、マナー違反でないかどうか自身のない場合には避けたほうが無難でしょう。

 また、ファーやウールなどを使った動物系の素材は折衝を連想させるので、華やかな結婚式の場ではあまりふさわしくないとされています。最近ではあまり気にされなくなっている事柄ですが、気にする人も少なくないということを心の何処かに留め置くと良いのでないでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *