ダイヤモンドリング

ウェディングドレスは結婚式の1日だけですが、カラーダイヤモンドの結婚指輪の魅力は、日常生活で身につけていてもあまり違和感がないところです。結婚後も気軽につけられることから、宝石用原石リングを選択する人も多いです。カラーストーンの中でも、最近注目を浴びているのが「準宝石」です。その理由は、予算に合わせてセンターストーン品質の大きな石を選択するところにあります。レンタルドレスの予算と合わせて考えられます。
この準宝石は宝石とどのような違いがあるでしょう?事実宝石と半貴石を区別するためにあり、明確な基準というものが存在しません。しかし、一般的に、生産量がますます希少価値が高いものの宝石となっています。宝石は、ダイヤモンドとルビー、サファイアなどがあります。一方、産出量が多く装飾的な要素が高いと準宝石になるようです。半貴石はアクアマリンとトパーズなどが含まれます。
また、モース硬度によって分類する考えもあります。この場合には、モース硬度が7以上の宝石としています。
モース硬度と屈折率、比重などの要素は、ダイヤモンドだけでなく、宝石全般を分類するときに便利です。特に屈折率と比重に関しては、宝石ごとに差があるので、宝石の鑑別において非常に重要です。赤ルビースピネルを例に挙げてみよう。二石の外形はそのままであるが、屈折率の割合が異なるため、他の石と認識することができます。
このように原石の硬さや色などの特徴を知ってたうえで、自分の好みに適してさらに長く愛用できることを見つけてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *