お歳暮
Category:

ハムの歴史

明治時代に入ると、西洋からハムの製造法を輸入し、盛んに製造されるようになりました。長崎や北海道が製造地だったと言われますが、当時は今ほど上手に造ることはできず、ハムと呼べるような代物ではなかったのだそうです。ソーセージについても、長崎の外国人から学び取った上で、商人同士で取引していました。米国に渡って製造法を学ぶ人まで出現し、明治期の末にはメジャーな食品の一つになり始めていました。それでも大量生産が実現したのは第一次世界大戦後のことであり、ドイツ人からソーセージの造り方を学び始めたのもその頃からでした。技術力に関しては定評のあるドイツ人のことですから、その後は急速にソーセージ文化が日本に広まりました。昭和中期に差し掛かると、いよいよ普通の家庭でもハムやソーセージが食べられるようになったのです。 纏めるならば、ハムは元々高級品でした。しかも昭和の中期までずっと、一般家庭で食されることはありませんでした。では海外の歴史の中で、ハムはどのような位置づけになっているのでしょうか。古代にまで遡ると、ハムを思わせる食品が存在したことが証明されています。それは、狩猟生活に関係していました。肉類は当然すぐに腐ってしまいますから、乾燥、燻煙、塩漬けといった方法で長持ちさせられることを発見したのです。それは、ハムの原型とも呼べるものでした。一方、ソーセージはギリシャにその原型を認めることができます。紀元前3000年の頃と言われていますから、実に古くから食されていたことが分かります。ソーセージの長所は、脂を捨てずに食べられることです。文献にはっきりとソーセージの存在が記されるのは、ホメロスの叙事詩だとされています。紀元前900年頃のことでした。

Posted On :
免許取得にデメリット
Category:

免許取得にデメリットはあるか

免許は取得するに越したことはありませんが、デメリットも無いわけではありません。最大のデメリットといえば多額の教習費用を挙げることが出来ますが、それ以外にも幾つかご説明することにしましょう。一つは、更新しなければならないという煩わしさです。免許は取得後も、定期的に更新しなければなりません。二つには、紛失した際の危険性です。運転免許は身分証明書になり得るものですから、犯罪を企む人の手に渡ってしまえば、悪用される可能性があります。運転免許証には生年月日や住所も記載されていますから、悪用されずとも、個人情報が漏れることで精神的負担を被ります。 また自動車免許を取得すると、当然車を所有したくなります。車は安くありませんから、高額の出費が促されてしまいます。車だけではありません。税金、保険料、ガソリン代、駐車代、車検代、維持費も合わせて払わなければならなくなります。免許さえなければ、これらの出費は初めから考えなくて済むのです。さらに、自動車を運転することで、事故に遭遇する可能性が高まります。もちろん免許を取得しなくても事故に巻き込まれることはありますが、自分で運転する機会が増えると、さらに事故のリスクは高まります。車の運転は常に緊張を強いられます。少しでも気を抜けば、死亡事故の加害者にも被害者にもなり得ます。加害者になれば、精神的に追い込まれるのはもちろんのこと、賠償金が重くのしかかります。一度の事故で、人生は大きく狂うことになります。 最近よく耳にするのは、高齢者の運転によって起こる事故の話です。高齢化社会らしい現象ではありますが、運転手の過信が事故を招くのだと分かります。どれほど運転に自信のある人でも、加齢には勝てません。定年を過ぎれば、免許の返納を考えるべきでしょう。 人気の合宿免許サービスまとめ:http://gassyukumenkyo.net/  

Posted On :
看板メニューを作る理由
Category:

看板メニューを作る理由

自分の店を繁盛店にしたいと考えた時、メニューに工夫が必要です。その中でも、「看板となるメニューを持つ」ということは非常に効果的です。例えばハンバーガーや牛丼、カレーといった時にそれぞれチェーン店の名前が浮かぶと思います。これは店が看板メニューを持っているからこその効果と言えます。 看板メニューを持つことで、お客様の印象に残るという効果があります。食べ物の名前からチェーン店の名前が浮かんだように、それぞれの店に食べ物の印象があるからです。もちろん同じ食べ物にしても、店によって「キャラ付け」がされていれば問題ありません。同じハンバーガーを売りにする店だとしても、安くて早く提供してもらえるか、高いが品質が保証されているのか、野菜が多めでヘルシーかなど、いくらでも店に特徴を付けることができます。このような看板メニューがあることのメリットは、何よりも「口コミ」に繋がりやすいことです。友だちに紹介されて気になるかもしれませんし、最近では口コミサイトも盛んです。そのため、「○○が美味しい××の店」といったように、看板メニューと店の名前が一致しやすくなっていなければなりません。また、「野菜が食べたいのであれば、あの店の看板メニューが良い」と言った逆の紹介もしやすくなるでしょう。例え美味しいメニューを提供する店であっても、看板メニューの何が美味しい、という伝え方ができなければ人には紹介しにくくなってしまいます。 看板メニューとなるものは、お店の顔と言っても過言ではありません。味や品質にもこだわり、お客様に勧めてもらえるだけのメニューを目指していきましょう。分かりやすさと価値が高く、それぞれがイコールになっている状態がベストと言えます。 メニューブック情報局【MENU BOOK INFORMATION】

Posted On :
安全

食品表示の貼り付け

食品の包装容器には必ず貼り付けなければならないものがあります。それが食品表示です。食品表示は品名や原材料、内容量、賞味期限、製造会社等が記載されたシールであることが多く、特に最近のプラスチック容器については、この形態が採用されています(一部の紙容器は、食品表示が直接印字されています)。実はシールと言っても切手と同様の方式となっており、水に浸して粘着性を出してから貼り付ける仕組みが一般的です。もちろん水に浸すのは効率的ではないため、またラベルの強度が下がってしまうため、熱や圧力で粘着性を出すこともあります。 ペットボトル等の品質表示は変わっており、食品表示が印字されたプラスチックフィルムを巻き付ける方法が採用されています。実はプラスチックフィルムはポリ塩化ビニルやポリエチレンフィルム、ポリプロピレンフィルム等で出来ているのですが、50度以上の高温でシュリンクするという性質を有しています。この性質を活かしてペットボトル等にフィルムを巻き付けているのです。ペットボトルのような表面には食品表示を貼り付けることが難しいため、開発当初は非常に画期的な方法として普及することになりました。この方式は複数の金属缶やガラス瓶をプラスチックフィルムで巻いて纏める際にも使われています。 ただ、プラスチックフィルムのシュリンクという方法にも欠点があります。それは、高温にするための専用機器が必要なことです。また、その熱が伝わると食品が劣化してしまうことが予見される場合、使えない方法でもあります。そこで代替策として開発されたのが、ゴムのような弾力性を有したプラスチックフィルム(ストレッチフィルム)です。このフィルムの登場により、内容物である食品に影響を与えることなく、また特別な機器も使わずに巻き付けることが可能になったのです。

Posted On :
物件選び
Category:

店舗デザインにおける物件選び

自身が経営者になってしまえば、結婚という人生の転機に対してもライフスタイルを変えることなく生きていけるのではないでしょうか。女性であれば、近年古民家などを改装したカフェの経営なども注目されているでしょう。居抜き物件の良いところは設備をそのまま拝借できる点ですが、最低限のリフォームを施さない限り、集客は見込めないでしょう。コンセプトそのものは一変させ、観葉植物等で居心地の良い空間を提供する必要があります。そしてそのリフォームについては、幾つか気を付けなければならないポイントがあります。例えば、残された設備を利用して費用を浮かせようとするのは構いませんが、本当に使える代物なのかはチェックしなければなりません。飲食店であれば、電気やガスの必要容量が残された設備だけで供給できるかを調べます。不足している場合、当然ながら新設工事を発注することになります。容量等の詳細が分からない場合は、業者に調査を依頼しましょう。 飲食店を開業するのであれば、キッチンの設計に心血を注ぐことになります。その点では居抜き物件は初期費用を抑えられる一方、キッチンをオーナーのイメージに近付けることが難しいという難点もあります。水道管の配備も融通が利きませんし、イメージにさらに近付けた工事を発注すれば、折角抑えた初期費用が再び跳ね上がってしまいます。あまりにも費用が嵩む場合は、理想のデザインを諦める他ありません。キッチン機器についても調査が欠かせません。中古品ですから、長く使えるとは限りません。運が悪ければ、数か月後に故障してもおかしくないのです。物件取得時にオーナーが確認しておくべきことは、機器の使用年数です。使用年数さえ分かれば、残りの耐用年数を算出することは難しくありません。いずれにしても、居抜き物件は前の店の閉店という事実が付いて回ります。ひょっとすると悪評が立っているかもしれず、オーナーが調査しておく必要があります。近隣の不動産業者に尋ねてみるとよいでしょう。  

Posted On :