多施設・多科受診 
Category:

多施設・多科受診  

在宅で治療を行っている人は、本人や、その家族の意思によって複数の医療機関を受診することができるため、介護施設を含めた複数の施設や多くの科を受診することにより、薬が重複してしまったりすることが多く報告されているようです。こういった人たちに向けて、“かかりつけ薬剤師”制度というのが近年開始されたのはご存知でしょうか。この制度は、患者が任意に特定の薬剤師と契約をし、当該患者の薬物治療に対して責任をもつ担当者となる制度とされ、患者が医療機関に掛かった時の情報整理をするだけでなく、他の医療機関からの問い合わせに契約薬剤師が責任をもって情報を通告する窓口という機能もあるようです。 薬の飲み合わせが原因で、患者が何らかの症状を訴えているにも関わらず、さらにその症状を抑えるために薬剤が処方される点についても、在宅患者の場合は特に留意する必要があるでしょう。追加された処方の開始時期と症状の発現時期との関係性を一つ一つ確認することにより、このような状況を予防することができるでしょう。 さらに、患者自身の意思によって鎮痛薬や便秘薬,睡眠薬などを複数の医療機関から処方を受け、意図的に薬手帳からの記載を回避し、医師や薬剤師に伝えていないこともあるようです。医薬品の過剰服用は薬物有害事象につながることを多くの患者に対して広めていく必要があるでしょう。また、医師を目指して医療関係でアルバイトをしている若者からも、あらゆる機関を利用して情報発信してもらうというのも期待できるのではないでしょうか。 結婚に伴い、両親の面倒をみたり、自分たちの健康や老後、また、子供の健康などについても、日ごろから医療的な知識にもアンテナを張るというのは大切かもしれません。

Posted On :
Category:

婚活中での会話

結婚を考えたとき、身の回りでの出会いが少ない方や、なかなか仕事の関係上男性と仲良くなるのが難しいといった人には断然婚活パーティがオススメでしょう。しかし「初めましての方とどんな話をしたらいいかわからない」というお悩みは多く挙げられているようです。とくに普段男性とあまり接しないタイプの女性の場合、どんな話題が男性ウケが良いのか予想もできないこともあるでしょう。しかし基本的には、会話の主導権といったものは男性にお任せした方がスムーズにいくため、話題をうまくつなげていくというように考えたほうが楽しく会話ができるのではないでしょうか。気を付けるべきは、男性が「やめてほしいと思う女子トーク」 でしょう。例えば「ネイル・ エステ・ヘアの3大サロン」の話でしょう。こういった話は、女子会では盛り上がったとしても、男性には少し理解が難しいと言えるでしょう。女性が綺麗になれる場所ということはわかるのですが、そういった努力的な部分をわざわざ他人に発表するといった思考は男性にはないようです。さらに言ってしまえば、そもそも女性のネイルがピンク色だろうが、キラキラだろうが、男性にとっては気がつかないくらいのものと言えるでしょう。肌の感じや髪形などについても同様で、女性ほど細かい部分のこだわりは到底理解することが出来ないという前に、興味がないというのが本音ではないでしょうか。つまり「爪が綺麗ですね」とは言えても「ラメのグラデーションが絶妙に良いですね。それって、ジェルですか?」などとは言えないということは理解しておくと良いでしょう。

Posted On :
薬の重複処方
Category:

薬の重複処方

病院へ入院する時や介護施設入所時などには、ポリファーマシー高齢者の処方薬すべてを確認できる良い機会であると言えるでしょう。現在の日本の医療制度は、複数の医療機関に同時に掛かることが許されているため、異なる複数の医療機関から同じような作用の薬が処方されることは多くみられるようです。重複薬として頻度の高い薬物としては、向精神薬や消化性潰瘍治療薬が代表的であり、医療機関を一つに絞ることが一つの解決策ですが、やむを得ず複数の医療機関に通院する必要がある場合には「診療情報提供書」を利用して重複処方が起きないよう調整することが重要でしょう。また、鎮痛目的の薬物や睡眠薬のように理由がわかりやすい薬物に関しては、患者自身や、その家族に対して重複処方によって薬物有害事象がおきることを説明し、積極的に薬手帳を活用するように教育する必要もあるのではないでしょうか。ある調査によると、薬手帳は70歳以上の約95%が受診時に持参し、医師が重複処方の予防に役立てているという報告があるようです。次の段階として、考えられるのは情報を共有するために電子媒体でデータベース化することが理想ですが、システムの導入や維持費が高額であるため、なかなか進まないのが現状のようです。肝細胞癌のため入院している73歳の男性は、放射線科での治療が行われた際、泌尿器科との重複処方が確認されたという例があるようです。重複処方が発生した理由は排尿時の痛みを患者が訴えていたためで、放射線科も泌尿器科も抗菌薬を処方したとのことでした。また、排尿時以外での疼痛の訴えはないにもかかわらず、鎮痛薬が処方されており、患者の腎機能低下および肝機能低下に疑問を持った病棟薬剤師が、服薬している薬の見直しを行ったところ、重複処方が発見されたようでした。その後、医師との相談により、減薬が行われたそうですが、残念ながら、このような例が実は少なくないというのが現状でしょう。結婚に際して医療から離れてしまったけれど復帰を考えているという人も、近年、医師求人も多いため、知識を集めておくことは重要と言えるかもしれません。

Posted On :
いけばな
Category:

花の固定につかうもの

花を生けるときには、「留め」が必要になります。枝などの花材はそのまま剣山に刺しても重みで倒れてしまうことや、枝同士でまとまりが出ないことがあります。そのため、固定をするための道具が必須になるのです。最もポピュラーな留めのための道具は、ワイヤーです。剣山に刺すときはもちろん、枝などの固定や、葉などの曲付け、茎の中に通して使うこともあるそうです。番線ワイヤーや巻きワイヤー(糸針金)、カラーワイヤーなど、用途によって使い分けます。巻き過ぎてしまうとワイヤーが切れてしまうので、適度な力加減を心掛けます。ワイヤーを切るときには、花鋏ではなくニッパーなどの専用の道具を使いましょう。次に、テープも多く使われます。テープは両面テープやフローラルテープが多く使用されているそうです。フローラルテープは引っ張りながら巻き付けることで、粘着力が増すテープです。針金で巻き付けた部分や添え木の上から巻くことで、目立たせなくすることができます。いわゆる「隠し」の効果を持っており、花材に合わせた色を選びます。基本的には花材の方を持って捻りながら巻き付けていきます。両面テープは、葉の接着など細かい部分で使います。 他にも、添え木や枝などをまとめるための輪ゴム、茎や枝などを固定するためのステープラー、細かな草ものを上向きにさせる爪楊枝など、作品によって使うものも変わります。何を使うかは人それぞれですが、枝や花を傷つけない道具を選びましょう。質の悪いものを選んでしまうと、色移りがしてしまうこともありそうですので、使う前に一度チェックをしてみましょう。実際に使っている人に聞くなどをして、自分に合った道具を選んでいきましょう。

Posted On :
地図
Category:

地図でロータリーや線路を作ろう

二本線で縁取りをした道に、駅前ロータリーを追加して作るには、道の縁取りを広げて、丸みを付けます。道を選んでから、サイズハンドルを右クリックします。[頂点の編集]を選択し、ロータリーの入り口をCtrlキーを押しながら、クリックします。二か所、頂点を追加します。端の頂点をドラッグして、道を広げます。ロータリーの入り口の頂点を右クリックして、[頂点で線分を伸ばす]を選択します。直線にしておきたい部分は、右クリックして、[線分を伸ばす]を選択します。ロータリー入り口の頂点をクリックして、調整ハンドルでロータリーに丸みを付けます。反対側も、同じ要領で、丸みを付けたら、ロータリーが出来上がりです。 道が一本線のときは、オートシェイプの[アーチ]を使います。[図形描画]→[オートシェイプ]→[基本図形]→[アーチ]を選択します。アーチを描いたら、黄色の変形ハンドルを、ドラッグして、半円を作ります。図形の線と中を塗りつぶせば、ローターリーが出来上がります。 次は、線路を描きます。[図形描画]→[四角形]→をクリックしてから、ドラッグをして長方形を作ります。その長方形をダブルクリックして、[オートシェイプの書式設定]画面を出したら、[色と線]タブから[塗りつぶし]→[色]→「白」、[線]→[太さ]→「0.5mm」を選びます。最後に[OK]をクリックします。図形をCtrlキーを押しながら、ドラッグしてコピーをします。先ほどの手順で、今度は[色]を「黒」に設定します。[OK]をクリックします。こうして出来上がった白黒の四角形を、コピーをして増やしていけば、線路が作れます。 また、曲がった線路を作ることもできます。[図形描画]→[オートシェイプ]→[線]→[フリーフォーム]を選択します。線路のラインを、始点からクリックをして、ダブルクリックで終点までを作ります。図形のサイズハンドルにポインタを合わせて、右クリックをします。[頂点の編集]を選択して、丸くしたい頂点の上で右クリックをします。[頂点を中心にしてスムージングする]を選び、スムージングをします。この作業を他の頂点でも繰り返して、線を丸くします。線が丸みを帯びたら、図形をダブルクリックします。[オートシェイプの書式設定]→[色と線]→[線]→[色]を「黒」、[太さ]を「4.5mm」に決めます。最後に[OK]をクリックします。線路の線をCtrlキーを押しながら、ドラッグしてコピーします。コピーした線をダブルクリックして、[オートシェイプの書式設定]→[線]→[色]を「白」、[太さ]を「3.5mm」に設定します。図形をドラッグして、黒の図形の上に重ねます。[図形描画]→[オートシェイプ]→[線]→[フリーフォーム]を選択します。塗りつぶしをする場所の四角を作ります。[頂点の編集]で、縁取り内に収まるようにします。図形の中を[オートシェイプの書式設定]→「黒」に設定をします。その要領で、縁取りの中を、塗りつぶします。

Posted On :