看板メニューを作る理由
Category:

看板メニューを作る理由

自分の店を繁盛店にしたいと考えた時、メニューに工夫が必要です。その中でも、「看板となるメニューを持つ」ということは非常に効果的です。例えばハンバーガーや牛丼、カレーといった時にそれぞれチェーン店の名前が浮かぶと思います。これは店が看板メニューを持っているからこその効果と言えます。 看板メニューを持つことで、お客様の印象に残るという効果があります。食べ物の名前からチェーン店の名前が浮かんだように、それぞれの店に食べ物の印象があるからです。もちろん同じ食べ物にしても、店によって「キャラ付け」がされていれば問題ありません。同じハンバーガーを売りにする店だとしても、安くて早く提供してもらえるか、高いが品質が保証されているのか、野菜が多めでヘルシーかなど、いくらでも店に特徴を付けることができます。このような看板メニューがあることのメリットは、何よりも「口コミ」に繋がりやすいことです。友だちに紹介されて気になるかもしれませんし、最近では口コミサイトも盛んです。そのため、「○○が美味しい××の店」といったように、看板メニューと店の名前が一致しやすくなっていなければなりません。また、「野菜が食べたいのであれば、あの店の看板メニューが良い」と言った逆の紹介もしやすくなるでしょう。例え美味しいメニューを提供する店であっても、看板メニューの何が美味しい、という伝え方ができなければ人には紹介しにくくなってしまいます。 看板メニューとなるものは、お店の顔と言っても過言ではありません。味や品質にもこだわり、お客様に勧めてもらえるだけのメニューを目指していきましょう。分かりやすさと価値が高く、それぞれがイコールになっている状態がベストと言えます。 メニューブック情報局【MENU BOOK INFORMATION】

Posted On :
安全

食品表示の貼り付け

食品の包装容器には必ず貼り付けなければならないものがあります。それが食品表示です。食品表示は品名や原材料、内容量、賞味期限、製造会社等が記載されたシールであることが多く、特に最近のプラスチック容器については、この形態が採用されています(一部の紙容器は、食品表示が直接印字されています)。実はシールと言っても切手と同様の方式となっており、水に浸して粘着性を出してから貼り付ける仕組みが一般的です。もちろん水に浸すのは効率的ではないため、またラベルの強度が下がってしまうため、熱や圧力で粘着性を出すこともあります。 ペットボトル等の品質表示は変わっており、食品表示が印字されたプラスチックフィルムを巻き付ける方法が採用されています。実はプラスチックフィルムはポリ塩化ビニルやポリエチレンフィルム、ポリプロピレンフィルム等で出来ているのですが、50度以上の高温でシュリンクするという性質を有しています。この性質を活かしてペットボトル等にフィルムを巻き付けているのです。ペットボトルのような表面には食品表示を貼り付けることが難しいため、開発当初は非常に画期的な方法として普及することになりました。この方式は複数の金属缶やガラス瓶をプラスチックフィルムで巻いて纏める際にも使われています。 ただ、プラスチックフィルムのシュリンクという方法にも欠点があります。それは、高温にするための専用機器が必要なことです。また、その熱が伝わると食品が劣化してしまうことが予見される場合、使えない方法でもあります。そこで代替策として開発されたのが、ゴムのような弾力性を有したプラスチックフィルム(ストレッチフィルム)です。このフィルムの登場により、内容物である食品に影響を与えることなく、また特別な機器も使わずに巻き付けることが可能になったのです。

Posted On :
物件選び
Category:

店舗デザインにおける物件選び

自身が経営者になってしまえば、結婚という人生の転機に対してもライフスタイルを変えることなく生きていけるのではないでしょうか。女性であれば、近年古民家などを改装したカフェの経営なども注目されているでしょう。居抜き物件の良いところは設備をそのまま拝借できる点ですが、最低限のリフォームを施さない限り、集客は見込めないでしょう。コンセプトそのものは一変させ、観葉植物等で居心地の良い空間を提供する必要があります。そしてそのリフォームについては、幾つか気を付けなければならないポイントがあります。例えば、残された設備を利用して費用を浮かせようとするのは構いませんが、本当に使える代物なのかはチェックしなければなりません。飲食店であれば、電気やガスの必要容量が残された設備だけで供給できるかを調べます。不足している場合、当然ながら新設工事を発注することになります。容量等の詳細が分からない場合は、業者に調査を依頼しましょう。 飲食店を開業するのであれば、キッチンの設計に心血を注ぐことになります。その点では居抜き物件は初期費用を抑えられる一方、キッチンをオーナーのイメージに近付けることが難しいという難点もあります。水道管の配備も融通が利きませんし、イメージにさらに近付けた工事を発注すれば、折角抑えた初期費用が再び跳ね上がってしまいます。あまりにも費用が嵩む場合は、理想のデザインを諦める他ありません。キッチン機器についても調査が欠かせません。中古品ですから、長く使えるとは限りません。運が悪ければ、数か月後に故障してもおかしくないのです。物件取得時にオーナーが確認しておくべきことは、機器の使用年数です。使用年数さえ分かれば、残りの耐用年数を算出することは難しくありません。いずれにしても、居抜き物件は前の店の閉店という事実が付いて回ります。ひょっとすると悪評が立っているかもしれず、オーナーが調査しておく必要があります。近隣の不動産業者に尋ねてみるとよいでしょう。  

Posted On :
店舗デザイン
Category:

店舗デザインの事例

現代では、結婚してからも働き続けたいという女性も多いのではないでしょうか。夫婦でカフェを経営したり、自身のハンドメイド雑貨を展開するショップを持ちたいといったような夢も少なくないでしょう。女性ならではのこだわりなどは、店舗デザインにも大きく影響してくるでしょう。店舗デザインの定番として「ブルックリンスタイル」と呼ばれるものがあります。ニューヨークのお店の真似をする経営者は後を絶ちませんが、中でも「マンハッタンスタイル」は長年模範であり続けてきました。モダンで洗練されたデザインが溢れるマンハッタンを強くイメージする日本の消費者にとっても、受け入れやすいスタイルだったのです。しかし最近はモダンなデザインに食傷している日本人も多く、その傾向を掴み取った経営者が注目し始めたのが、「ブルックリンスタイル」なのです。ブルックリンスタイルは一言で言えば、米国のアンティークを重んじたデザインです。落ち着いた雰囲気が中高年に受けている一方、若者にも人気があります。 ブルックリンと言えば、ニューヨーク州に含まれるエリアで、マンハッタンの周辺に位置しています。そもそもニューヨークは、19世紀末に移民が押し寄せる港町として栄え始め、現在では世界最大の都市として、政治、金融、文化を支配するまでになりました。著名な芸術家の多くがニューヨークに居住していますが、マンハッタンに加え、クイーンズやブロンクス、ブルックリンに住む人も少なくありません。その影響もあって、ブルックリンの街並みは現在のように洗練されているのです。ブルックリンは交易場としての歴史を有する街で、レンガ、タイル、鉄が独特の存在感を放っています。倉庫を改造したような建物も、デザイナーの力でお洒落に見えるのが特徴です。内装も個性的で、ビンテージ家具が多用され、壁にはレンガが使われます。日本でも木目調のフローリングや年代物の証明を取り入れたお店が散見しますが、そのルーツはブルックリンにあるのです。  

Posted On :