物件選び

自身が経営者になってしまえば、結婚という人生の転機に対してもライフスタイルを変えることなく生きていけるのではないでしょうか。女性であれば、近年古民家などを改装したカフェの経営なども注目されているでしょう。居抜き物件の良いところは設備をそのまま拝借できる点ですが、最低限のリフォームを施さない限り、集客は見込めないでしょう。コンセプトそのものは一変させ、観葉植物等で居心地の良い空間を提供する必要があります。そしてそのリフォームについては、幾つか気を付けなければならないポイントがあります。例えば、残された設備を利用して費用を浮かせようとするのは構いませんが、本当に使える代物なのかはチェックしなければなりません。飲食店であれば、電気やガスの必要容量が残された設備だけで供給できるかを調べます。不足している場合、当然ながら新設工事を発注することになります。容量等の詳細が分からない場合は、業者に調査を依頼しましょう。

飲食店を開業するのであれば、キッチンの設計に心血を注ぐことになります。その点では居抜き物件は初期費用を抑えられる一方、キッチンをオーナーのイメージに近付けることが難しいという難点もあります。水道管の配備も融通が利きませんし、イメージにさらに近付けた工事を発注すれば、折角抑えた初期費用が再び跳ね上がってしまいます。あまりにも費用が嵩む場合は、理想のデザインを諦める他ありません。キッチン機器についても調査が欠かせません。中古品ですから、長く使えるとは限りません。運が悪ければ、数か月後に故障してもおかしくないのです。物件取得時にオーナーが確認しておくべきことは、機器の使用年数です。使用年数さえ分かれば、残りの耐用年数を算出することは難しくありません。いずれにしても、居抜き物件は前の店の閉店という事実が付いて回ります。ひょっとすると悪評が立っているかもしれず、オーナーが調査しておく必要があります。近隣の不動産業者に尋ねてみるとよいでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です