犬は人間よりも聴力がとてもするどいそうです。

だから足音を聞いただけで飼い主がわかってしまうそうです。飼い主が乗っている車やポストを開ける音なんかも識別しているそうです。そのため飼い主が帰宅すると玄関に入る前からワンワンワンワンと吠えだしたり、玄関を入ると座って待っていたりができるそうです。宅配便の配達員さんの足音には反応しなかったり激しく吠えたりするのも飼い主さん以外の足音を聞き分けているからだそうです。

口元をペロペロなめるのは、母犬の口元をなめて「ごはん」をせがんでいるのと同じだそうです。飼い主さんをおかあさんと思って甘えているのだそうです。愛犬にペロペロと舐められて舐め返す飼い主さんもいるかと思いますが、犬は舐められるのはあまり好きではないそうです。そのため嫌がる犬もいるそうですが、犬心をわかってあげてほしいそうです。

家族のいち員として長い時間を過ごしていると飼い主さんに似てくるそうです。穏やかな老夫婦に飼われていると落ち着いたような犬になるそうですし、一緒に走り回って一緒に犬のおもちゃで遊ぶような元気いっぱいの飼い主のもとではアクティブな犬になるそうです。また、飼い主が怒りっぽいと犬も怒りっぽい性格になったりするそうです。いきなりがおーと怒り出したりすることもあるそうです。

犬のふり見て我が振り直せといったところでしょうか。名前を呼んでも無視をすることがあるかと思います。それはどうせ何度も呼ぶんだろうから無視しておこうという感じで態度がでかくなっている場合があるそうです。ただこれは飼い主さんを試しているだけで、決して反抗期ではないそうです。

そもそも犬には反抗期はないそうです。トレーニングを重ねるうちにでかい態度も取らなくなるそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です