発達障害などを抱える子供たちに対して、「君はやればできるんだよ」というような曖昧な励ましは、かえって子供たちの混乱を招くなどという専門家たちもいるようです。また、「やればできる子なんです」などというような、表現は、本人たちを励ましているようにも聞こえますが、「発達障害」を持つ子どもたちの中には、曖昧な表現をうまく理解することができない子供たちもいますので、やればできるといったような漠然とした励ましではなく、具体的に「ココ」を「こう」すれば、「こう」なるんだよ、というような知識を植え付けることが、何よりも大切であるともされています。子供たちの抱える発達障害の問題点としては、周囲の子供たちから比較されてしまうと、著しく学習面に遅れが見られてしまったり、同じような協調性を持った行動をすることができないなどといった面に、顕著に現れてきます。子供達を、うまくリードしていくためには、その「特性」に沿った、適切な支援を行っていくことが必要です。子供たちの「特性」を見極め具体的に物事をわかりやすく伝えるといったようなサポートが、何よりも求められてくるでしょう。

発達障害コンサルティングで相談する