制作段階へと突入したWeb制作プロジェクトは、以後進捗管理と変更対応へと重点が移って行きます。なかでも、変更対応は予想がつかないだけに大切となってきます。

変更と認められた時は、ドキュメント類との精査や関係者への聞き取りなどで、その影響範囲を確認し、やむを得ないと判断すれば次のステップへ進めていく必要があります。

見積もりの追加と判断されれば、速やかな発注者への報告が優先されます。これらは変更あり、とのコールが制作担当者から出されるから良いのですが、往々にしてコール自体無く後で変更がわかった場合は、発注者との調整も困難となり制作会社の持ち出しとなってしまうこともあり、管理者として注意を要するところでしょう。

そのためにも定期的な進捗チェックや変更発生時の連絡といったコミュニケーション体制をしっかり周知徹底しておくことが求められます。

コミュニケーション体制に関しては、以下のサイトに社内メンバー間でのコミュニケーションについて記載してありますので、良かったら参考にしてみて下さい。

パソコンを上手く活用して業務を効率化!