銀行系カードローンについて|カードローンの違いを把握しよう!おまとめローンでラクラク返済!

カードローンの違いを把握しよう!おまとめローンでラクラク返済!

銀行系カードローンについて

複数のお札

今後「銀行系カードローン」という言葉は、しっかりとした定義を持つように変わってゆくことが予測されます。 現状は「銀行のカードローン」と「銀行傘下の金融業者のカードローン」をまとめて銀行系カードローンと呼んだり、「銀行のカードローン」のみ、「銀行傘下の金融業者のカードローン」のみを単独で銀行系カードローンと呼んだりと、その定義があいまいな状態です。 しかし銀行系カードローンという単語はかなり一般的に認知度が高まってきていますので、今後はしっかりとした定義が求められるようになるでしょう。 これは利用者からするとどうでもよいことにも思えるかもしれませんが、じつはかなり重要なことです。 定義がはっきりしないことで混乱を招く可能性があるからです。

銀行系カードローンという単語の定義は曖昧ですが、いずれにしても「銀行が関係しているカードローン」であることは変わりませんよね。 銀行系カードローンの定義が「銀行のカードローン」であるとしても、「銀行傘下の金融業者のカードローン」であるとしても、この「銀行」という単語が人気の秘密であると言えるでしょう。 「銀行」と「金融業者」のどちらに安心感を抱くでしょうか? 多くの人は前者でしょう。 銀行の傘下であれば、金融業者であっても安心感は強くなるのです。 さらに「銀行のカードローン」の場合、銀行法が適用されるので総量規制の対象外になります。 金利も平均して金融業者よりも安いです。 こういったメリットが「銀行」というイメージに定着していることが、人気の秘密と言えるでしょう。