オペラの写真
Category:

結婚式の合唱

結婚式で、合唱を取り入れるケースもあります。人前式などでみんなで合唱してみるのもありです。また、メロディーが好きな讃美歌を探し、それを皆で歌うなんてのも素敵です。讃美歌の歌詞を自分でアレンジして宗教色を無くし人前式に相応しいものにしたり、オルガン等楽器がない会場であれば事前にピアノの伴奏と、合唱団の団員によってハミングしたものを録音しておき、当日演奏として流して皆で歌うなんてのもありです。歌詞カードも自作で作れますし、色とりどりの厚紙で歌詞カードの表紙を作り、みんなに持ってもらって皆で歌うこともできます。また、海外の合唱や海外演奏旅行の企画、及び手配に特化した専門会社がありますので問い合わせてみるのもいいでしょう。

Posted On :
コーディネイト

コーディネイトお任せ

数多くの新たなファッションが生まれる昨今、大切なのは、頭から足元までトータルに美しいコーディネイトということになります。ドレスに合ったイヤリング、ネックレス、靴下、靴、そしてバッグ。そのコーディネイトのすべてに、トレンドを意識してとなると、アパレル業界に身を置いている人ですら、大変難しいものです。 その点、レンタルドレスの専門店ではセンス抜群なスタッフを置き、依頼者の希望を聞きながら、依頼者自身でさえ気が付かなかった、場所、礼節、季節柄等を加味したコーディネイトをしています。それが可能なほど、多くの種類が用意されており、その数量は、在庫確認の専門スタッフしか確認していないほど大量の数があるのです。 一生に何度もあることではないけれど、やはり、人前で恥をかきたくない、できたらセンスの良い人と見られたい、欲を言えば自分の魅力を最大限生かしたい、そうした思いを叶えてくれるのもレンタルドレスならではです。 もちろん、プロのスタッフの意見を参考にしながら自分で選ぶのも楽しく、「レンタルドレスを選ぶこと」=「ファッションコーディネイトの勉強」ともなります。すると益々、ドレスを着ることが嬉しく、夢をみているような幸せに浸ることができるに違いあません。 より良くコーディネイトされたファッションに身を包んだ特別な日の自分を想像してみてください。「着心地」は居心地の良さとなって、人生の素晴らしい思い出となるのではないでしょうか。

Posted On :

謝恩会ドレスの選び方

お世話になった先生へ感謝の気持ちを伝えるための謝恩会。 衣装選びに悩んでいる方もいるのではないでしょうか? 中には「もう会う機会はほとんどなくなるから、そこまで気を遣わなくても……。」 と思う人もいるかもしれません。 しかし”終わり良ければ総て良し”という言葉もあるように、 節目節目をしっかりとおさめていくことで、新たな気持ちで次へ進めるのです。 もちろん今後も付き合いがあることがわかっている場合は、ますます気が抜けませんし、 下手な格好で出てしまい「この前の謝恩会の○○さんなんだけど……。」と噂されるような展開は避けたいですよね。 そこでこの項では、謝恩会に着て行っても恥ずかしくないドレスの選び方をご紹介します。 ①目立ちすぎないようにする 謝恩会は結婚式ほどかしこまった服装にする必要はありません。 とはいえ、あまりにも派手派手しいものを着てしまうと、一人だけ浮き立ってしまいかねません。 痛い視線で見られるだけならまだ良いですが、場の雰囲気を壊してしまっては、会自体が台無しになってしまいます。 長さも膝が隠れるくらいのものがベストで、短すぎるのは避けたほうが良いでしょう。 ②生足で行かない ちょっとしたパーティや仲間内での集まりなどであれば構いませんが、謝恩会の場では生足で行かないのがマナーです。 ストッキングをはくのは当たり前と言っても過言ではありません。 また真っ黒のものや派手すぎるものは避け、ベージュタイプのナチュラルなものを選ぶのが良いでしょう。 以上の2つを守れば、大失敗の結果にはまずならないので、参考にしてみてくださいね。 もし予算が心配という方は、お店で買わずにレンタルドレスを使うのもおすすめです。

Posted On :
Category:

ティルタ・ルフール・ウルワツ

バリ島のティルタ・ルフール・ウルワツでの挙式はふたりっきりでプライベート感あふれる結婚式を挙げたいカップルにおすすめです。ティルタ・ルフール・ウルワツは二人きりだけの挙式を満喫できます。チャペルでのウェディングやガーデンウェディング、プールでのウォーターウェディングなど挙式を二人で選ぶことができます。

Posted On :