花嫁衣装チマチョゴリ

チマチョゴリは朝鮮の民族衣装の一つです。女性用の朝鮮服は、男女共通の上着であるチョゴリと、巻きスカートであるチマによって構成されています。韓国では現在袖のやわらかな曲線、全体を引きしめる白地のトンジョン(半襟)、合わせ着のように着る形が、「民族衣装韓服の3大美」としています。 さて、韓国の結婚式ですが、日本の結婚式と違う点が多々あります。一つは、韓国の結婚式では招待状がないという点です。招待状を受け取っていない人でも、式へ参列ができる場合もあります。結婚式は多くの人にお祝いしてもらいたいという願いから、できるだけ多くの人が参加できるオープンな形式になっているのです。 韓国の結婚式では、新郎の土下座という日本にはない習慣があります。直立した状態から床まで膝まづき、額が床に着くくらい低く頭を下げるというのもで、結婚式のためのものではなく、韓国に伝わる伝統的な挨拶の方法です。韓国の時代劇などでも出て来るので、目にしたことがある方は多いのではないでしょうか。 韓国の結婚式では、新郎新婦が揃って両親の親に対して行う、大切なしきたりの一つです。 また、韓国の結婚式では食事はブッフェ形式が多いです。日本と同じようにホテルで結婚式が行われるケースにおいても、ブッフェ形式が大半となっています。日本でチマチョゴリを着て結婚式を行う場合には、朝鮮の衣装であるチマチョゴリをレンタルドレスできる場合もあるので、調べてみましょう。

Posted On :

ウエディングドレスの選び方

ウエディングドレスは、基本的に一生で一度切りの、特別な衣装です。 女性ならきっと、誰もが一度は着てみたいと思う、憧れの服装でしょう。 せっかく着るならば、とっておきの素敵なドレスを着たいですよね。 ただ一着のウエディングドレスを、どうやって見つけたら良いのでしょう。 ウエディングドレスこそ、多くの方がレンタルドレスを利用しているのではないでしょうか。 ウエディングドレスの値段も様々ですが、有名なブランドのものなど、こだわり出すと大層な金額がかかってしまいます。 パーティードレスは購入できても、ウエディングドレスはレンタルの方が手頃でしょう。 中には代々受け継がれて着たドレスや、手作りのドレスを着用する方もいるかもしれません。 しかし、お色直しのカラードレスも用意するならば、レンタルドレスの方が予算は抑えられるはずです。 結婚式を開くとなれば、色々と費用がかさむものです。 また、ドレスに合わせてアクセサリーやブーケなども、用意しなければなりません。 ドレスにどれだけ予算をあてるか、よく二人で相談した方が良いでしょう。 結婚式に招待される側ならば、ドレスコードやマナーなど、決まりごとが多く存在します。 しかし、自分の結婚式ならば話は変わってきます。 結婚式は新郎新婦、つまりは自分たちが主役です。 場合によっては、伝統的なスタイルは守りつつ、カジュアルにしたり、テーマ性を設けてみたり……。 自分たちのさじ加減で自由に決めることもできます。 昨今では、自由なスタイルの結婚式も増えてきました。 レンタルではドレスは自分のものにはなりませんが、思い出は自分たちだけのものです。 最高の日になるよう、最高のドレスを見つけましょう。

Posted On :
ウエディングドレス

ウエディングドレスのライン

自分に似合う、好みのドレスはどんなものでしょうか? ただ一着のウエディングドレスを選ぶのは、とてつもなく根気と時間が必要でしょう。 ウエディングドレスには様々なラインがありますので、簡単にご紹介します。 Aライン アルファベットの「A」のように裾が広がったデザインです。 シンプルで上品なイメージです。 体型を選ばず誰にでも似合うため人気です。 身長が高く見えるので、小柄な方でもスタイル良く着こなせます。 プリンセスライン ウエストの切り替えからスカートがふんわりと広がったデザインです。 可愛らしくボリュームがあり、まるでプリンセスのドレスのようです。 お尻や下半身をカバーでき、最も定番のウエディングドレスです。 マーメイドライン 身体のラインに沿ったシルエットに、膝下は裾が広がったデザインです。 裾の形はまるで人魚の尾びれのようです。 ウエスト周りなどくびれが強調されるので、女性らしいメリハリの効いたスタイルです。 エレガントで細身な方が似合います。 スレンダーライン スッキリとして身体に沿った、細身のデザインです。 スタイリッシュな印象で動きやすいです。 縦長に強調されるので、細身で背が高い人が似合います。 エンパイアライン 胸下の切り替えから、Aライン状に裾が広がったデザインです。 どの年齢でも気になりません。 お腹が隠れるため妊娠中でも着られます。 ミニ スカートが膝上丈で、ワンピースのようなデザインです。 若々しい印象で、カジュアルな式に相応しいでしょう。 動きやすいので、二次会などでも使えます。 バッスルライン Continue Reading

Posted On :

人生のうるおいレンタルドレス

人生の豊かさ、幸せは、日々の積み重ねの中にあります。生かされているいのちを感謝で受け止めて、思い切りイキイキと生きるときに、それは充実感として恵まれるものではないでしょうか。 人生には大切なシーンが様々にあります。その一つひとつのシーンが大変充実したものになり、忘れられない素晴らしい思い出として残ったらどんなに良いでしょう。いえ、ぜひともそうなるように大きなシーンから小さなシーンまで生かし切ることが大切です。それを後悔なく叶えてくれる一つの素晴らしいアイテムとしてレンタルドレスはあります。 生まれてから人生の終わりまで、大切なシーンがどれくらいあるか、考えたことがありますか? 赤ちゃん時代から子供時代は親の意向が先たちますが、成人式あたりから先は自分でそのシーンを素晴らしくできるのです。他人から与えられる人生のうるおいではなく、自分自身で得ることのできるうるおい、それがレンタルドレス活用の醍醐味と言っていいかもしれません。 また、人生における最高の歓びとは、思いもよらない驚きがあったり、望んでも到底叶えられないだろうと半ば諦めていたチャンスに巡り合ったり、素晴らしい人と人とのつながりを得て、心の安定、安心感を持てることです。その多くは、人生の大切なシーンで巡り合うものです。大切な場で、大切な方々との談笑、お食事、ふれあい……、その時、着ているものに自信が持てたら、どんな場でも自然に振る舞え、会話が弾み、笑顔が浮かび、食事も美味しく頂くことができて、自分も周りの人も幸せを感じるのです。

Posted On :
コーディネイト

コーディネイトお任せ

数多くの新たなファッションが生まれる昨今、大切なのは、頭から足元までトータルに美しいコーディネイトということになります。ドレスに合ったイヤリング、ネックレス、靴下、靴、そしてバッグ。そのコーディネイトのすべてに、トレンドを意識してとなると、アパレル業界に身を置いている人ですら、大変難しいものです。 その点、レンタルドレスの専門店ではセンス抜群なスタッフを置き、依頼者の希望を聞きながら、依頼者自身でさえ気が付かなかった、場所、礼節、季節柄等を加味したコーディネイトをしています。それが可能なほど、多くの種類が用意されており、その数量は、在庫確認の専門スタッフしか確認していないほど大量の数があるのです。 一生に何度もあることではないけれど、やはり、人前で恥をかきたくない、できたらセンスの良い人と見られたい、欲を言えば自分の魅力を最大限生かしたい、そうした思いを叶えてくれるのもレンタルドレスならではです。 もちろん、プロのスタッフの意見を参考にしながら自分で選ぶのも楽しく、「レンタルドレスを選ぶこと」=「ファッションコーディネイトの勉強」ともなります。すると益々、ドレスを着ることが嬉しく、夢をみているような幸せに浸ることができるに違いあません。 より良くコーディネイトされたファッションに身を包んだ特別な日の自分を想像してみてください。「着心地」は居心地の良さとなって、人生の素晴らしい思い出となるのではないでしょうか。

Posted On :