免許取得にデメリット
Category:

免許取得にデメリットはあるか

免許は取得するに越したことはありませんが、デメリットも無いわけではありません。最大のデメリットといえば多額の教習費用を挙げることが出来ますが、それ以外にも幾つかご説明することにしましょう。一つは、更新しなければならないという煩わしさです。免許は取得後も、定期的に更新しなければなりません。二つには、紛失した際の危険性です。運転免許は身分証明書になり得るものですから、犯罪を企む人の手に渡ってしまえば、悪用される可能性があります。運転免許証には生年月日や住所も記載されていますから、悪用されずとも、個人情報が漏れることで精神的負担を被ります。 また自動車免許を取得すると、当然車を所有したくなります。車は安くありませんから、高額の出費が促されてしまいます。車だけではありません。税金、保険料、ガソリン代、駐車代、車検代、維持費も合わせて払わなければならなくなります。免許さえなければ、これらの出費は初めから考えなくて済むのです。さらに、自動車を運転することで、事故に遭遇する可能性が高まります。もちろん免許を取得しなくても事故に巻き込まれることはありますが、自分で運転する機会が増えると、さらに事故のリスクは高まります。車の運転は常に緊張を強いられます。少しでも気を抜けば、死亡事故の加害者にも被害者にもなり得ます。加害者になれば、精神的に追い込まれるのはもちろんのこと、賠償金が重くのしかかります。一度の事故で、人生は大きく狂うことになります。 最近よく耳にするのは、高齢者の運転によって起こる事故の話です。高齢化社会らしい現象ではありますが、運転手の過信が事故を招くのだと分かります。どれほど運転に自信のある人でも、加齢には勝てません。定年を過ぎれば、免許の返納を考えるべきでしょう。 人気の合宿免許サービスまとめ:http://gassyukumenkyo.net/  

Posted On :
安全

食品表示の貼り付け

食品の包装容器には必ず貼り付けなければならないものがあります。それが食品表示です。食品表示は品名や原材料、内容量、賞味期限、製造会社等が記載されたシールであることが多く、特に最近のプラスチック容器については、この形態が採用されています(一部の紙容器は、食品表示が直接印字されています)。実はシールと言っても切手と同様の方式となっており、水に浸して粘着性を出してから貼り付ける仕組みが一般的です。もちろん水に浸すのは効率的ではないため、またラベルの強度が下がってしまうため、熱や圧力で粘着性を出すこともあります。 ペットボトル等の品質表示は変わっており、食品表示が印字されたプラスチックフィルムを巻き付ける方法が採用されています。実はプラスチックフィルムはポリ塩化ビニルやポリエチレンフィルム、ポリプロピレンフィルム等で出来ているのですが、50度以上の高温でシュリンクするという性質を有しています。この性質を活かしてペットボトル等にフィルムを巻き付けているのです。ペットボトルのような表面には食品表示を貼り付けることが難しいため、開発当初は非常に画期的な方法として普及することになりました。この方式は複数の金属缶やガラス瓶をプラスチックフィルムで巻いて纏める際にも使われています。 ただ、プラスチックフィルムのシュリンクという方法にも欠点があります。それは、高温にするための専用機器が必要なことです。また、その熱が伝わると食品が劣化してしまうことが予見される場合、使えない方法でもあります。そこで代替策として開発されたのが、ゴムのような弾力性を有したプラスチックフィルム(ストレッチフィルム)です。このフィルムの登場により、内容物である食品に影響を与えることなく、また特別な機器も使わずに巻き付けることが可能になったのです。

Posted On :