Category:

ヨーロッパの指輪文化

日本では婚約指輪といえば、ダイヤモンドかルビーなどの宝石つきのものや、金、銀製のシンプルな円形の結婚指輪や婚約指輪を思い浮かべる人が一般的であろう。しかしヨーロッパでは、長い伝統をもっ指輪にはこれらの装身具以外に、おどろくほど多くの種類がある。それは指輪が王権や宗教的権威の象徴を示し、さらに魔よけ、実用的用途、記念品、武器および護身具などにも用いられたためであろうが、ここからもヨーロッパにおける指輪文化の奥の深さと広がりを感じさせる。その他の日本ではあまりなじみのない、一連のめずらしい指輪を採りあげてみよう。 まず印章と指輪を合体させたものに印章指輪があるが、このルーツは指輪より歴史の古い印章に求められる。印章を大別すると、円筒印章とスタンプ式印章があって、後者は説明することもなかろうが、前者は粘土板の上へ円筒の表面に彫られた印章を転がしていく方式である。印章は封印や契約の際に用いられ、また統治者の権威のシンボルともされていた。貴重品であった印章は、保管に神経を使い、盗難や紛失をさける目的で、紐を通して首に吊るしたり、プレスレツトにつけたりもしている。この印章はおよそ紀元前回1000年以上前から、もともと小アジアのシユメールで使用され、やがて紀元前3000年ごろエジプトへ導入されている。その後スタンプ式印章と指輪を合体させ、便利な印章指輪が考案されるという歴史的経緯をたどった。

Posted On :
Category:

オフショルダー

オフショルダーは、襟元のラインが肩まで開いたデザインです。 両肩に軽くかかるぐらいに開いたデザインから、ケープを羽織ったように大胆に肩を出したデザインもあります。 鎖骨がきれいに見え、顔まわりがすっきり見えるので、小顔効果があります。 また、肩幅の広い肩にもおすすめできます。 上品さと優雅さを兼ね備えた雰囲気が、最近人気のデザインです。 肩にかかる袖のようなものがあるので、ビスチェより露出は控えめで、式場を選ばないデザインと言えましょう。 そして、ビスチェタイプでは胸のサイズが合わない方にも安心です。 スッキリとしてシンプルなラインのスレンダーラインとの組み合わせで、上品な女性の雰囲気をかもし出します。 そして、プリンセスラインとの組み合わせは、ディズニーの世界のお姫様を連想させます。

Posted On :
ダイヤモンドリング
Category:

ドレスとカラーダイヤモンド

ウェディングドレスは結婚式の1日だけですが、カラーダイヤモンドの結婚指輪の魅力は、日常生活で身につけていてもあまり違和感がないところです。結婚後も気軽につけられることから、宝石用原石リングを選択する人も多いです。カラーストーンの中でも、最近注目を浴びているのが「準宝石」です。その理由は、予算に合わせてセンターストーン品質の大きな石を選択するところにあります。レンタルドレスの予算と合わせて考えられます。 この準宝石は宝石とどのような違いがあるでしょう?事実宝石と半貴石を区別するためにあり、明確な基準というものが存在しません。しかし、一般的に、生産量がますます希少価値が高いものの宝石となっています。宝石は、ダイヤモンドとルビー、サファイアなどがあります。一方、産出量が多く装飾的な要素が高いと準宝石になるようです。半貴石はアクアマリンとトパーズなどが含まれます。 また、モース硬度によって分類する考えもあります。この場合には、モース硬度が7以上の宝石としています。 モース硬度と屈折率、比重などの要素は、ダイヤモンドだけでなく、宝石全般を分類するときに便利です。特に屈折率と比重に関しては、宝石ごとに差があるので、宝石の鑑別において非常に重要です。赤ルビースピネルを例に挙げてみよう。二石の外形はそのままであるが、屈折率の割合が異なるため、他の石と認識することができます。 このように原石の硬さや色などの特徴を知ってたうえで、自分の好みに適してさらに長く愛用できることを見つけてください。

Posted On :
白のドレス
Category:

結婚式に着ていってはいけないもの

 レンタルドレスを選んで結婚式に出席する時に最も気をつけるべきなのは「着ていってはいけないもの」です。大人の色気だとかを言う前にまずは常識のある装いで出席しましょう。各レンタルドレスショップでは様々なドレスが用意されています。一見すると良いことですが、その中には結婚式ではタブーとなってしまうドレスが含まれていることも。自分の好みを出す前に、タブーをしっかりと把握しておくのが良いでしょう。  まず大大大前提として「白のドレスは着ていってはいけない」ということがあげられます。白つまりウエディングドレスは結婚式の主役である花嫁のもの。どんなに素敵なデザイのドレスでもホワイト系統のドレスは必ず避けましょう。  露出の激しいドレスは自信のある様を演出できますが結婚式の場にはふさわしくありません。丈が短いドレスは避けたほうが良いでしょう。具体的にどれくらいかということはなかなか難しいですが、全体を見た時に足が出すぎていないほうが上品に見えます。ただし、例外として肩出しドレスは夜の披露宴であれば大丈夫でしょう。ボレロやショールなどを羽織ることでマナー違反だとはあまり思われません。しかし、マナー違反でないかどうか自身のない場合には避けたほうが無難でしょう。  また、ファーやウールなどを使った動物系の素材は折衝を連想させるので、華やかな結婚式の場ではあまりふさわしくないとされています。最近ではあまり気にされなくなっている事柄ですが、気にする人も少なくないということを心の何処かに留め置くと良いのでないでしょうか。

Posted On :
ノースリーブのドレス
Category:

スリーブについて

首まわりのデザインひとつでガラリと変わるのがわかった方も多いと思います。 そんなネックラインと同じくらい重要なのがスリーブです。 スリーブは体のシルエットをどのように見せたいかが問われるパーツ。 腕が気になる人は腕が細く見えるようなスリーブを探すのはもちろん、ゴージャスなデザインで覆ってしまう手もあります。 体のどの部位を意識するかにもよって違ってきますが、実際にどんなスリーブがあるのか見ていきましょう。 ①パフスリーブ ワンポイントみたく両肩にフワリとした生地をあてがったタイプのスリーブ。 ふわふわとした感触が強いので、可愛さ重視で選びたいときにピッタリです。 ②ノースリーブ 肩から腕にかけて布を一切つかわず、そのまま素肌を見せるスタイル。 ウェディングドレスといえばこのタイプのものを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか? 二の腕を隠さないため、腕が全体的に痩せて見える効果も期待できます。 ③アメリカンスリーブ 肩のラインが開放的なスリーブ。他のドレスと違い、デコルテ周辺がおおわれているのが特徴です。 ノースリーブと同じように二の腕から先は肌が見えているものの、首もとが布で隠れているのが決定的な違い。 ハの字に切り開かれた首~肩のラインは積極的な印象を与え、まさにアメリカンと言えるでしょう。 ④パゴダスリーブ 腕の中頃から先へだんだんと広がっていくタイプのスリーブ。 腕先に花が咲いたかのような印象を与えるパゴダスリーブは、華やかな雰囲気や上品さを醸し出してくれます。 ⑤ロングスリーブ 腕全体を覆ってしまうスタイル。 肌や腕をあまり見せたくない方にぴったりです。

Posted On :