人生のうるおいレンタルドレス

人生の豊かさ、幸せは、日々の積み重ねの中にあります。生かされているいのちを感謝で受け止めて、思い切りイキイキと生きるときに、それは充実感として恵まれるものではないでしょうか。 人生には大切なシーンが様々にあります。その一つひとつのシーンが大変充実したものになり、忘れられない素晴らしい思い出として残ったらどんなに良いでしょう。いえ、ぜひともそうなるように大きなシーンから小さなシーンまで生かし切ることが大切です。それを後悔なく叶えてくれる一つの素晴らしいアイテムとしてレンタルドレスはあります。 生まれてから人生の終わりまで、大切なシーンがどれくらいあるか、考えたことがありますか? 赤ちゃん時代から子供時代は親の意向が先たちますが、成人式あたりから先は自分でそのシーンを素晴らしくできるのです。他人から与えられる人生のうるおいではなく、自分自身で得ることのできるうるおい、それがレンタルドレス活用の醍醐味と言っていいかもしれません。 また、人生における最高の歓びとは、思いもよらない驚きがあったり、望んでも到底叶えられないだろうと半ば諦めていたチャンスに巡り合ったり、素晴らしい人と人とのつながりを得て、心の安定、安心感を持てることです。その多くは、人生の大切なシーンで巡り合うものです。大切な場で、大切な方々との談笑、お食事、ふれあい……、その時、着ているものに自信が持てたら、どんな場でも自然に振る舞え、会話が弾み、笑顔が浮かび、食事も美味しく頂くことができて、自分も周りの人も幸せを感じるのです。

Posted On :

マーメイドラインに合うヘアスタイルと髪飾り

マーメイドラインは大人っぽいイメージのドレスですので、束ねた髪を後頭部やサイドにまとめたシニヨンでより大人っぽく演出しましょう ・ティアラ ティアラはマーメイドラインにもおすすめです。 ちょっと大きめのティアラは、人魚姫のイメージで、高貴なお姫様を演出します。 ・お花 お花も大きめに。 マーメイドラインのドレスには、大きめの髪飾りが似合います。 ドレスがスリムですので、お花は大きめでも邪魔になりません。

Posted On :

ドレスに合うジュエリーのご紹介

ウェディングドレスによく合う指輪にCapuano (カプアーノ)があります。 カプアーノは、ダイヤモンドの美を追求する歴史ある名門ジュ工ラーです。1882年に創業以来、“愛”をテーマにコージャスななかにも繊細さとエレガンスを追求したデザインを生み出すのが「カプアーノ」です。その卓越した技術と優れた品質はまたたくまに話題を呼び、ヨーロッパの主侯貴族や世界のVIPを中心に顧客を集めるようになりました。1969年にはヴァチカンで使用される聖杯やロザリオ、祭壇などの製作や修復をまかされるまでになりました。熟練の職人たちの手による優れたクラフトマンシップと芸術性は、ウェディングの分野でもいかんなく発揮されています。最高評価のダイヤだけを厳選して多くの花嫁を魅了し続けています。

Posted On :

ドレスにあう靴選び

靴選びも重要で、これを誤ってしまうとマナー違反として多くの参列者の方に悪い印象となり、結果的に大切な式の場を壊しかねません。まず、多くの人が選ぶ靴がつま先の見えないパンプスです。結婚式においては、足の指を見せることは避けた方がよいので、マナーとしても正しいと言えるでしょう。また、パンプスに少しビーズなどの飾りや、ストーンなどがワンポイントとしてついていると、足下からも華やかさを演出することができます。また、ヒールについては、高い方が望ましいとされていますが、3cm以上のヒールであれば問題ないようです。一方、つま先がでるオープントゥ、ミュール、サンダル、ブーツはカジュアルすぎるので結婚式ではそぐわない靴になります。夏、冬の季節感を出したいという気持ちはあっても、そこはしっかりマナーを守るようにしてきましょう。

Posted On :

謝恩会ドレスの選び方

お世話になった先生へ感謝の気持ちを伝えるための謝恩会。 衣装選びに悩んでいる方もいるのではないでしょうか? 中には「もう会う機会はほとんどなくなるから、そこまで気を遣わなくても……。」 と思う人もいるかもしれません。 しかし”終わり良ければ総て良し”という言葉もあるように、 節目節目をしっかりとおさめていくことで、新たな気持ちで次へ進めるのです。 もちろん今後も付き合いがあることがわかっている場合は、ますます気が抜けませんし、 下手な格好で出てしまい「この前の謝恩会の○○さんなんだけど……。」と噂されるような展開は避けたいですよね。 そこでこの項では、謝恩会に着て行っても恥ずかしくないドレスの選び方をご紹介します。 ①目立ちすぎないようにする 謝恩会は結婚式ほどかしこまった服装にする必要はありません。 とはいえ、あまりにも派手派手しいものを着てしまうと、一人だけ浮き立ってしまいかねません。 痛い視線で見られるだけならまだ良いですが、場の雰囲気を壊してしまっては、会自体が台無しになってしまいます。 長さも膝が隠れるくらいのものがベストで、短すぎるのは避けたほうが良いでしょう。 ②生足で行かない ちょっとしたパーティや仲間内での集まりなどであれば構いませんが、謝恩会の場では生足で行かないのがマナーです。 ストッキングをはくのは当たり前と言っても過言ではありません。 また真っ黒のものや派手すぎるものは避け、ベージュタイプのナチュラルなものを選ぶのが良いでしょう。 以上の2つを守れば、大失敗の結果にはまずならないので、参考にしてみてくださいね。 もし予算が心配という方は、お店で買わずにレンタルドレスを使うのもおすすめです。

Posted On :