さまざまな場面でダークウェブが利用される背景とは

ダークウェブというのは、匿名性が担保された仕組みの中で作られたインターネットのことです。具体的な特徴としては、通常のwebブラウザからではアクセスすることができない、というものがあげられます。そして、そのような特殊な存在でありながら、ダークウェブは世界的に広く使われている点には注意が必要です。
このようにダークウェブが利用される背景には、違法な物品の取引を安心して行える匿名性の高さが強く影響しています。現実の厳しい規制から逃げる形で武器や兵器、ドラッグ、児童ポルノなどの違法な物が多く取り扱われています。
また、仮想通貨の普及もダークウェブを広めるのに大きく貢献しました。一見なんの関係もなさそうに思える両者ではあるものの、仮想通貨の登場はダークウェブ上での匿名性の高い金銭の授受のやり取りを可能にしたためです。このような、インターネットの悪用が企業内で行われているのか不安に感じる方には、内部監査をおすすめ致します。